2013年07月29日

がんばれM君!!

何度も同じ事言わせるな!
なんで報告しなかった??
なぜごまかしたんだ?
俺がやるからもういいよ。

毎日カッとなって、部下を怒りつける事ってありませんか?
私にはちょこっとそんな時があります。

怒った後の気持ちの悪さ。
自分に対する嫌悪感と喪失感がそうさせています。

叱られた彼の背景は?
そんな行動をとった判断基準は?
本人の優先順位の間違いなのか。こちらの伝え方のミスなのか。

私にはわかっています。

与えられた指示に対する目的の明確化
伝わっているかどうかの確認不足
うまく行った時の承認と賞賛
こんな人材になってほしいと言ったビジョンと目標の共有

それらに関してコミュニケーションをしっかりとっているのか??
自分に落ち度はないのか?部下を信じて任せきったのか??

いや。。そこまではやれていないかな。。

そう。結論彼らが怒られるのは、私の未熟さから生まれる物が多く存在しています。

1いえば10わかる人材はいなくても、1言えば3ぐらいわかってくれよ
・・・といった責任転換
前に言った事が守られていない。こういう場合はこうだろう??
・・・以外とブレている曖昧な指示
任せたんだからわからない事が合ったら相談してこいよ
・・・という放置

落としどころとしてそんな理由で部下を追いつめていないか?

そんな自分に気づかせてくれる社員が当社にいます。

決して器用ではないけれど、飲み込みも早くないけれど。
不器用で誤解を招いたり、コミュニケーションが不得手だけど。

決められた事なら、任された事なら、目的が明確な目標が与えられたなら
誰よりもコツコツと自分のペースでしっかり着実に進んでいるM君。
誰よりも感受性が高く、感謝の心を伝え続けるM君。

時間がかかっても、確実な成長を遂げてくれています。
そして大切な事を結果的に教えてくれています。

本気で彼を思い、やってみせ、やらせてみせ、気づかせて、自信を与える行動を共にする。
時間がかかっても、本気対本気で接して、やるだけやって、とことんわかり合う。

それが共育ちだ!!そう奮い立たせてくれます。

人は教える事で2度学ぶと聴きます。
この経験は、私にとって人生で今後ずっとずっと伝え続ける事の出来る経験です。
そうなんです。私はこうやって社員から色々な学びを毎日もらっています。

これは感謝すべき事なのに、未熟にも時折向き合っていないのです。
人を生かし、活かす事で、その人を中心とした関わりの世界の住人は幸せになります。

考え方一つで幸せになれる。

心のスイッチを快に切替えて、良い事は分かち合い感謝し、悪い事には成長の壁と受け止め感謝する。
どちらに転んでも感謝を忘れず、明日も良い一日にします。

M君の成長を我が喜びとし、彼が時折放つ笑顔に触れながら、じっくう〜っと構えるぞ^^

posted by 社長 at 23:30| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする