2015年04月22日

社員教育って何だ!!

あっという間に5月が迫っています。
ここ最近、社員一人一人の小さくても大いなる成長にいつも感動しています。
もっとこうしたら??言いたい事を飲み込みつつ
その結果自分で気づき、成長してくれています。

過去の自分は、ついつい我慢せず、任さず、奪い、信頼を与えず、
すぐに相手から責任ややりがや成長の機会を取り上げていました。

経営者は社員の成長に対し、とことんの忍耐を覚悟しなさい。
とある先輩がおっしゃいました。そして自分なりに考えました。

では、その忍耐は一体誰のため??

それは目の前の人と、その人が関わるであろう大切な人のため。
そしてもちろん会社の未来と、今までのお客様、
まだ見ぬこれからのお客様のため。そして自分のために。

そう今は辿り着いています。

それでは社員がすくすく成長する栄養剤は何か?

それは社長である私の姿勢と覚悟から伝わる本気なのでしょうね。
この人ならついて行きたい!!という情熱なのでしょうね。
まずは私が本気で変わらねば、理想の社員に育ってはもらえません。

自分が手を抜けば 社員も手を抜く
自分が言い訳すれば 社員も言い訳する
自分が当たり散らせば 社員もどこかで当たり散らす
社員は鏡です。

それは子育てと大部分で一致しています。

しかし人間最後は 感謝と思いやりという 水が与えられなければ
カラカラに乾涸びてしまいます。

認めてあげる瞬間が無ければ、その子はいつも私の顔色を見て、
都合が悪い事を隠す子供に育ってしまいます。
それは最も不幸な事です。

本人の自信の無さを育ててしまう事に結果なってしまいます。

正直に素直になれる関係を保てる間柄に 自分がどうあるべきなのか
それは私が一番大切にしながらも中々身に付かない習慣。

相手を変えるには まず自分から。 それにつきます。

しかし、どんなにここでカッコいい文章を書こうが
評価して頂くのはお客様なのです。

いかに お客様の立場 想い 不安 希望を汲み取り関わって行けるか。
理念にある、すべての人に元気・勇気・希望を与える事に
全力を尽くしているか。を認めて頂けるかに尽きるのです。

最近は思い知っています。
社員教育なんて、社長3年生の自分が伝える事のできる量は知れています。

いかにお客様の事を考えて、寄り添って、同じ目線で受け止められるか。
それを社員や私に教えて下さるのは、やはりお客様なのです。

今日もそんな事に気づかせて頂きました。

日々謙虚に真摯に素直に受け止め続ける事を絶対に忘れない。
そんな想いを強くできた一日でした。

完璧ではなくても、それを言い訳せず目指し続ける覚悟。
それが未来を照らす唯一の光ですね。

これからの当社に期待して下さい。
急成長や大改革はないですが、必ずや社員と共に身の丈に合わせて
しっかりと成長して行きたいと思います。

すべての人に感謝します。
そのお返しとして、絶対に 無くてはならない 水上商会になる!!

想いが一段と強くなれました。

先日、両親と旅行に行ってきました。
大河ドラマの舞台。萩に、尊敬する吉田松陰のお墓参りを兼ねて。

IMG_2311.JPG

至誠にして動かざるものは未だこれあらざるなり

IMG_2286.jpg

生んでくれた親 育ててくれた親 そしてそれ以外の方々に対し、
想いは強くなるばかりです。



posted by 専務 at 01:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする